電気工事施工管理の資格を取得しようと考えている人は、おおむね専門の学歴やある程度の実務経歴を持っている人が中心になっているでしょう。

電気工事施工管理技術検定試験の対策

電気工事施工管理技術検定試験は、施工管理技士のための資格です。

これは工事の作業員としての資格ではなく、工事施工の全体を管理し、安全に工程通りに進むように管理する立場の人の資格になっています。

そのため、実際の出題傾向にも、それが反映されていることがわかります。

そのため、施工管理法や法規といった部分を強化して、受験にのぞみたいところです。

2級電気工事施工管理技士の問題は、62問の中から40問を選択して回答するのですが、そのうちの17問に関しては施工管理法と法規の問題になります。

6割の正解で合格する試験の40パーセント以上を占めることになります。

施工管理法と法規を重点的に勉強することで、スコアのアップが確実に望めることが、質問配分からもみてとれます。

過去問題などを集中して行う際には、施工管理法と法規には時間を割いて丁寧に進めると効率が良いでしょう。

また、合格したら今度はそれを就職に活かさなくては、あまりにももったいないです。

既にその電気工事の会社にお勤めでも、資格取得により、より良い条件で転職が可能になっているかもしれません。

電気工事施工管理技士資格の求人・募集をぬかりなくチェックしておくと良いでしょう。
参考<電気工事施工管理の求人・転職情報 | 建設・設備求人データベース